横浜で埋没法による二重手術を行いました

アイプチは嫌になり、埋没法を決意

横浜の美容外科で埋没法二重手術を行いました。
元々一重まぶたで目が小さいことがコンプレックスだったのでアイプチやアイテープを使用していました。
毎日アイプチを行うのが面倒になり美容整形を決意し、ウェブで口コミを確認したり無料カウンセリングを受け美容外科を決めました。
二重にするための整形手術には切開法と埋没法があります。
切開法はまぶたをメスで切開し二重の線を作る方法で半永久的に線が消えないメリットがあるのですが術後に腫れや傷が残り消えるまでに時間がかかると説明を受けました。
仕事があるのであまり長期の休みが取れなかったので埋没による手術を受けることにしました。
埋没法はメスを使わずに糸で留めるだけの手術なので比較的短時間で終わり術後も切開法ほど大きな腫れや傷ができることはほとんどないと言われ決心しました。
カウンセリングから約1週間後に手術を行うことになり、当日は術後の腫れが出たときのことを考え腫れをごまかせるように眼鏡を持参していきました。

アイプチは嫌になり、埋没法を決意 : まぶたの裏は痛かった : 二重の仕上がりに満足

横浜のクリニックで、埋没法によってきれいな二重を手にしました。

小学生の頃からの私の悩みは、重いまぶたでした。
小学生ながら、自分の目が周りの友人たちと比べて重いことがわかり、表情が暗く見えてしまうことに気付いていました。
中学生になると、クラスの男子から目のことをからかわれたことがありました。
まぶたがかぶさっているようになっていたので、目は開いているのか、本当に見えているのかなどとからかわれることが、私は本当に嫌でした。
学校から家に帰ると、ずっと鏡で自分の目を見ていました。
私の目は、どうして他の女の子たちのようにぱっちりとしていないのか、きれいな二重になっていないのか、悔しくて仕方ありませんでした。
両親にはこの悩みは、どうしても話すことができませんでした。
いつまでも鏡を見ている娘を見て、何か感じることがあったかもしれませんが、私は両親に心配をかけたくないという気持ちから、
自分の目のことを話すことはできませんでした。

ずっとまぶたの重さに関する悩みは続き、大学へ進学した私は、就職活動を行う前に、どうしてもきれいな二重にする整形手術を受けたいという気持ちが強くなっていました。
自分に自信を持つことができなかったら、就職活動を成功させることができないと考えたからです。
そして私は、ネットでいろいろとクリニックを検索して、横浜にあるクリニックへ相談をすることにしました。
私の目の状態を見た医師から、埋没法という方法を提案されました。
埋没法とは、特殊な糸を使用して二重の形を留めるという方法で、メスを使用しないため、痛みも腫れも少ないという説明を受けました。
自分で整形手術を受けると決意しておきながら、やはり痛みや腫れは最も心配していたことだったので、埋没法という方法に興味を持ちました。
医師からの説明で、不安な点が全て解決した時、私はこのクリニックで手術を受けることを決意しました。

手術当日は、朝からとても緊張してしまいました。
両親には事前に手術のことを話して、承諾を得てはいましたが、本当にこれで良かったのかという迷いが生じていました。
しかしクリニックへ行くと、医師から、二重になるともっときれいになりますよという言葉をかけられ、そもそも私が手術を決意したのは、
自分に自信を持ちたかったからだという気持ちを思い出して、勇気を取り戻すことができました。
実際に手術が始まると。
わずか10分足らずで終了してしまいました。
それは呆気ないほどのスピードで、痛みはほとんど感じませんでした。
少し不安だった腫れに関しても、あくまで私の場合ですが、気になることはありませんでした。

手術から1週間が経過すると、私の目は明らかに変わっていました。
重かったまぶたが、すっきりとした二重になっていました。
その二重は、私がずっと憧れていたもので、やっと自分のものにすることができたと心から嬉しかったです。
両親や友人は、初めは少し驚いたようでしたが、表情が明るくなった、穏やかな顔つきになったと褒めてくれました。
それからはメイクをすることが楽しくなって、特にアイメイクに凝るようになりました。
アイラインを入れて印象を変えたり、いろいろなアイシャドーを試したり、目元をポイントにするメイクができるようになったことが楽しいと感じました。

そして、就職活動の結果は、幸運にも第一志望の会社から内定をもらうことができました。
成功の理由を考えると、きれいなまぶたになったことが大きいと思っています。
それによって自信を持つことができて、面接でも堂々としていられたと思っています。
整形手術に否定的な考えの人も少なくないとは思いますが、自分にとって何が大切なのかを考えた時に、必要であれば選択肢の1つとしてありだと、私は考えています。